まちどりのほほんロード

まちどりのほほんロード

FUJIFLMのミラーレス一眼カメラでカメラライフを楽しんでいるブログです

埼玉の地下神殿に行ってきた話

東映特撮にハマってからさまざまなロケ地を巡ってきた筆者。今回訪れたのは埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路。「地下神殿」の異名でご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仮面ライダーでは印象的なバトルシーンのロケ地として様々な名勝負が繰り広げられた場所ですが、見学ツアーが行われていることを知り参加してきましたのでまとめてみました。

首都圏外郭放水路とは

そもそもなぜ埼玉県に地下神殿があるのか・この施設はなんなのかというと、神殿ではなく洪水などの水害に備えて作られたいわゆる治水施設で、近隣の河川に水が溢れそうな時に一時的に水を貯めておくための施設だそう。

このような施設は世界でも珍しく、広大な地下空間に巨大な柱が立て並ぶ光景から地下神殿との異名で知られています。

詳しいメカニズムや役割については見学ツアーで説明してもらえるほか、併設されている「龍Q館」というミュージアムでも解説を聞くことができます。

見学ツアー予約と準備

見学ツアーに参加するには事前に公式サイトから予約をしておく必要があります。

コースは3つのコースがありますが自分が参加したのは地下神殿見学のみとなる「地下神殿コース」です。ただ、後述もしますが第1立坑もっと観たかったなあ…と思ったので時間に余裕のある方は「第1立坑コース」に参加されることをオススメします。

いざ、地下神殿へ

迎えた当日、手続きを済ませていざツアーに参加。

解説を聞いた後は早速地下神殿へ向かうのですが、かなりの量の階段を上り下りするのでスニーカーなど歩きやすい靴で参加しましょう

そして階段を下りきり、ついに地下神殿へ到着…!

f:id:dendenmushes:20210705201138j:plain

そこに広がるのはまさに「地下神殿」の異名通りの神秘的な空間。

f:id:dendenmushes:20210705201331j:plain

f:id:dendenmushes:20210705201243j:plain

高さは約18mの柱がズラッと59本並んでいます。実物を見るとかなりの迫力でカメラもいいけど圧倒さを肉眼で脳裏に焼き付けたくなります。

柱は実は円柱ではなく平たい形をしているのでモノリスがいっぱい並んでいるようにも見えます。

f:id:dendenmushes:20210705201204j:plain

f:id:dendenmushes:20210705201409j:plain

f:id:dendenmushes:20210705201454j:plain

この大きな円柱状の空間は「第1立坑」という水が流れ込んでくる流水施設です。イブキさんが巨大ナマズと戦ってたところはここ。

「地下神殿コース」ではここまでしか近寄ることができないので、もっと近くで拝みたい場合は「第1立坑コース」に参加する必要があります。

写真ではいまいち伝わり切れていないのですが、この立坑は遠くからみただけでも迫力がすごく、もっと色んな角度で観たいという気持ちになったので、機会があれば今度は「第1立坑コース」でまた参加したいと思いました。

まとめ

カメラファンの観点では噂の地下神殿を自分のカメラに収められたことが嬉しく、特撮ファンの視点ではあの最終回のシーンと同じ場所に立ってるという感動で胸がいっぱいになり、また一般観光客の視点では解説や展示で知った首都圏の地形と水が流れるまでのメカニズムなどが興味深くて楽しかったです。

つまりどなたにもオススメできる施設なので、気になった方はぜひツアーにご参加を!

X100FとX-T3を持ってディズニーシーを撮り歩いてきた

4月にX100Fを持ってディズニーランド撮り歩きをしてみたら想像以上に楽しくて、その勢いでディズニーシーのチケットも購入してしまった筆者。

持っていったカメラ機材は X100FXF56mm F1.2 R APD を装着した X-T3 の2台構成。いつもはズームレンズで撮影していたディズニーシーですが今回は単焦点のみを携えて撮り歩いてみました。

基本的には X100F をずっと首からぶら下げておき、必要に応じて X-T3 を取り出して撮影するといったスタイルです。

f:id:dendenmushes:20210608174306j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174133j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174109j:plain

f:id:dendenmushes:20210608173946j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174327j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174042j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174020j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174615j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174549j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174520j:plain

この日は曇ったり晴れたりが繰り返しの日だったので写真の雰囲気がバラバラですね。

f:id:dendenmushes:20210608174722j:plain

珠玉のポートレートレンズと名高い XF56mm APD を購入してから早半年、初のポートレートクラリスさんでした。

f:id:dendenmushes:20210608174740j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174824j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174801j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174919j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175047j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175134j:plain

並べて見るとエリアによっても随分雰囲気が違う写真が撮れ上がっています。

f:id:dendenmushes:20210608174437j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174353j:plain

休憩に立ち寄ったSSコロンビア号の中にあるラウンジ。たくさんのカクテルが楽しめるお店ですが注文したのはパフェとクリームソーダ。ファミレス気分なのかな?

どっちも豪華でとても美味しかったです。

f:id:dendenmushes:20210608175303j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175241j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175400j:plain

ついつい乗ってしまう海底二万マイル。空いてるのをいいことにイケてる鉄骨を色んな角度で堪能。

f:id:dendenmushes:20210608175532j:plain

一番下のフロアまで降りたところで鉄骨の正体がエレベーターだったということが判明。ネモ船長が潜水艦に乗る時はいつもこれを使って通勤(?)しているのでしょうか。世界観の作り込みの細かさが何度来てもワクワクする理由の1つです。

f:id:dendenmushes:20210608184210j:plain

f:id:dendenmushes:20210608174943j:plain

日が傾いてきたところで毎度恒例の蒸気船に乗船。パーク1周コースで船上からの景色を堪能できます。

f:id:dendenmushes:20210608174858j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175907j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175949j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175929j:plain

乗ってる最中になんと火山が噴火。突然の出来事だったのでびっくりしたのか見事にブレています。でもライブ感があるので良しとします(個人の感想)

f:id:dendenmushes:20210608180008j:plain

f:id:dendenmushes:20210608180025j:plain

f:id:dendenmushes:20210608180048j:plain

下船する頃にはきれいなブルーアワーに。

 

f:id:dendenmushes:20210608180224j:plain

f:id:dendenmushes:20210608180326j:plain

玉ボケが楽しいライトアップされたSSコロンビア号。

f:id:dendenmushes:20210608180244j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175714j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175748j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175814j:plain

f:id:dendenmushes:20210608175840j:plain

明るい単焦点レンズだったら手持ち夜景も簡単に撮れて楽しい…!いつもより夜景の枚数が多い気がしています。

f:id:dendenmushes:20210608184231j:plain

1日のシメに定番のショットを撮影!そしてアクアスフィア(地球儀)撮るの忘れたと気づきリベンジを誓うのでありました。

とはいえもう関東はけっこう暑くなってきているので、次に来るのは秋になりそう。それまでイメトレがんばろう。

新緑の日本大通りを撮り歩いてみた

横浜・日本大通りといえばイチョウ並木、イチョウ並木といえば紅葉シーズンということで当ブログではたびたび色づいた日本大通りイチョウ並木を撮ってきましたが、青々とした新緑の日本大通りもカメラに収めておきたいと思い撮り歩いてきました。

機材は X100FXF56mm F1.2 R APD を装着した X-T3 の2台構成です。

f:id:dendenmushes:20210523154007j:plain

f:id:dendenmushes:20210523153857j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154249j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154233j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154324j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154544j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154308j:plain

f:id:dendenmushes:20210523153919j:plain

緑…!緑…!

1年トータルでみたら緑の期間のほうが長いと思うんですけど、日本大通りは黄色く色づいたイチョウ並木のイメージが強いのでなんだか新鮮な気分です。

f:id:dendenmushes:20210523154117j:plain

いつもおしゃれな外観だなと思ってたこのお店、実はベイスターズのショップだそうで、カフェバーも併設されていたのでお昼ご飯がてらに入店してみました。

f:id:dendenmushes:20210523154423j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154404j:plain

おしゃれな店内でビーフシチューを注文。お肉がおおきくて美味しかったです。

f:id:dendenmushes:20210523153839j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154051j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154137j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154030j:plain

腹ごしらえして再び撮り歩き。この時期はお花がたくさん咲いててついつい立ち止まってしまいます。

f:id:dendenmushes:20210523154438j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154459j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154524j:plain

f:id:dendenmushes:20210523154149j:plain

日本大通りから横浜公園へ。深く青々と茂っています。

f:id:dendenmushes:20210523154210j:plain

柵越しに横浜スタジアムの中を覗いてみました。

f:id:dendenmushes:20210523154604j:plain

横浜スタジアム横の歩道橋の上から。この後中華街チラ見したら竹下通りかよ!ってくらい混んでたのでそっと引き返し関内に向かったところでお散歩終了。

しかし新緑の日本大通りを撮るという目的を果たせたのでお腹いっぱい、いや腹八分目くらいかも…なんて思いつつ日本大通りは今後もまだまだ撮り続けるぞと誓ったのでありました。

X100Fの純正レンズフードLH-X100を購入しました

自分がX100Fを購入してからアクセサリはフィルターとキャップのみで使い続けていたのですが、光が暴れたりフレアが生じやすいことが気になってきてしまい先日ついにFUJIFILM純正のレンズフードLH-X100を購入しました。

この記事では純正を選ぶに至った理由や装着の儀(?)をまとめてみました。

FUJIFILM純正レンズフードLH-X100を選んだ理由

今回自分がX100Fレンズフードを選ぶにあたって求める条件は2つ。

  • できるだけコンパクトである
  • ブラックミストNo.5(レンズフィルター)が装着できる

特に記事にしていなかったもののX100FにはブラックミストNo.5というソフトフィルターを装着していた筆者。

コンパクトであるという点だと筆頭はフジツボ型フードになるのですが、フィルターが使えないものが多く、(筆者の調べた範囲内で)唯一使えるペンタックスのMH-RE49というフジツボフードについては使えるフィルター径が30.5mmとブラックミストNo.5が対応していないフィルター径でした。

よって候補は円形フードか角型フードになるのですが、レンズ保護の観点でキャップを頻繁に着脱する自分には円形フードが向いているのではと思いFUJIFILM純正のLH-100を購入。 

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: エレクトロニクス
 

この純正フードはサードパーティからも同じような形状かつ価格も純正の半額以下で買えるものも発売されています。純正高い

それでも純正を選択した理由は装着したときの姿は純正が一番カッコいいと思ったから。これは気のせいかもしれないですが純正が一番コンパクトでスタイリッシュに見えたんですよね。後から買い直すのもアレだったので高かったけど思い切って純正を購入。GWに中止となったイベントの払戻金を突っ込んだ模様

X100Fに装着してみた

f:id:dendenmushes:20210430113102j:plain

LH-X100の箱にはレンズフード本体・フード装着用のリング・巾着の3つが同梱されています。右側の49mmレンズキャップは別売りで購入。このレンズフードを装着するとX100Fに同梱されているレンズキャップは装着できないので注意。気になる人は別売りのレンズキャップを購入しましょう。

またフード装着用のリングは別売りでも販売されていますが、LH-X100の箱に同梱されているので追加の購入は不要です。同梱リング1個でフィルターもフードも装着することができます。

f:id:dendenmushes:20210430113125j:plain

装着したお姿がこちら。イケメン度がマシマシになりましたね。

故にストラップも初期の同梱品じゃなくてもっとかっこいいものに付け替えなければという気持ちに駆られます。

f:id:dendenmushes:20210430113215j:plain

フードにはFUJIFILMのロゴもプリントされています。しかし自分のX100Fはネジの向きがおかしい個体だったのか装着してもロゴが真上に来ず泣く泣くロゴを下向きになるよう装着するのでありました。

f:id:dendenmushes:20210430113232j:plain

上からみるとこんな感じ。けっこう厚みがでてきました。しかしいつもでかいレンズつけたカメラばっかり持っているのでこれでも十分コンパクトに感じてます。

f:id:dendenmushes:20210430113151j:plain

前述の通りレンズフードをつけるとX100F付属品のレンズキャップは使用できないので別売りのレンズキャップを装着。これも純正で統一してみました。満足感高いので純正で揃えてよかったなと思ってます。

まとめ

まだフードをつけた状態での撮影はあまりできていませんが、想像していたよりもずっとコンパクトにおさまり、よりスタイリッシュになったのでX100Fへの愛着がさらに深まりました。

さあ、次はストラップを選ぶ番だ…

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM レンズキャップ FLCP-49

FUJIFILM レンズキャップ FLCP-49

  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: エレクトロニクス
 

X100Fを片手にディズニーランドを撮り歩いてみた

新年が明けてから何気に1度も行っていなかったディズニーランド。そう気づいたら行きたくなってしまい追加販売分のチケットを入手し訪問してみました。

カメラ機材はX100FXF56mm F1.2 R APD を装着したX-T3の2台構成。ショーパレ気にせず気楽に歩き回りたいなと思いこのチョイスとなりました。パークではX100Fをずっと首から下げていたので写真の多くはこれで撮影したものです。

f:id:dendenmushes:20210412165622j:plain

f:id:dendenmushes:20210412171523j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165643j:plain

まず朝向かったのはバズライトイヤーのアストロブラスター。入園制限が始まってからこればっかり乗っている気がする。ハイスコアを更新しまくってます。上の写真は待機列で撮った写真。気楽な空気でパークを回ると普段気に留めていなかったものが気になるようになりますね。不思議な形をしている。

f:id:dendenmushes:20210412165509j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165603j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165530j:plain

昨年3つ新施設がオープンし大いに盛り上がりました。前回訪問時は「新エリア…新アトラクション…!!!」と半ば切迫した気持ちで挑んだ結果、抽選に惨敗しましたが今回は入園直後ヤケクソで抽選しまくったら4つの施設に当選という上々すぎる結果に。

お目当てだったマジカルミュージックワールドは落選となりましたが前回の悲惨さと比べると十分許容範囲どころか憑き物でも落ちたのかと思えるような結果です。

f:id:dendenmushes:20210412165825j:plain

門をくぐることさえ許されなかった美女と野獣のお城が目の前に…

f:id:dendenmushes:20210412165847j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165910j:plain

そして美女と野獣のアトラクションに搭乗。内容は短いミュージカルを観てる感じ。撮影自由らしいので次回からカメラ構えて乗ってみようかしら。アトラクションの内容的にも写真撮りながら楽しんでねというメッセージを受信した(多分違う)

f:id:dendenmushes:20210412165807j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170350j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170259j:plain

朝はけっこう曇っていましたがお昼から快晴に。撮った写真見返してみるとけっこう光が暴れていたのでX100Fのアクセサリー見直そうと思ったのであった…

f:id:dendenmushes:20210412165726j:plain

前回の訪問に引き続きの当選となったミニーのスタイルスタジオ。

f:id:dendenmushes:20210412165929j:plain

そしてミニー様とご対面。前回は冬服でしたが今回は春服です。ミニーオーミニー我らが美しい女神。

f:id:dendenmushes:20210412171500j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170051j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170135j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170231j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170013j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170035j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170417j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170438j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170500j:plain

アトラクションの待機列にて。小道具の錆び具合にディズニーのこだわりを感じます。

f:id:dendenmushes:20210412170521j:plain

グリーティングの抽選に当選し写真を撮ることができたズートピアのニックさん。この日はズートピアグッズが発売された直後だったのでニックとジュディのグッズを身につけた方が沢山いました。ズートピアとても面白いので未視聴の方はぜひ。

f:id:dendenmushes:20210412170537j:plain

最近ランドに行くとついつい乗ってしまうのがこのオムニバス。見ての通りバスの乗り物なのですがなんとお城の前も突っ切っていきます。

f:id:dendenmushes:20210412170600j:plain

バスが通るとお城の前で写真を撮っている人がサーっと引いていきます。しかし皆さんバスに向かって手を振ってくれる優しい世界。パンツァーフォー!!!!

f:id:dendenmushes:20210412170621j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170642j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170659j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170720j:plain

そして日が暮れてきました。この日はなんだか光が柔らかい。

f:id:dendenmushes:20210412170113j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170158j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170741j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170803j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170824j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170953j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170844j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170936j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170325j:plain

1日のシメに夜のパレード、ナイトフォール・グロウを鑑賞。パレードは見れたらいいな程度に思っていたのですが、いざ観やすい鑑賞場所が空いているとつい場所取りをして観てしまいます。こちらの写真はXF56mm APDで撮影。このレンズ、AF-Cは使えたものではないのでマニュアルで決め打ちしましょう。

初めてディズニーでX100Fをメインに撮り歩いてみましたが感想としてがディズニーと非常に相性がいいなという点。大きいオブジェがちょうどよく収まる23mm(35mm判換算35mm)の焦点距離もそうだし1日ずっと首から下げてても疲れない軽量さや、いいなと思った景色に素早く気軽にシャッターを押せる点もすごく良いです。いつもシャッターチャンスを逃すまいと大きいズームレンズを肩から下げてましたが、必要だったのはこっちだったのかもしれない。

そして非常に満足した自分は来月分のディズニーシーのチケット争奪戦参加を決意するのであった…