まちどりのほほんロード

まちどりのほほんロード

FUJIFLMのミラーレス一眼カメラでカメラライフを楽しんでいるブログです

X100Fの純正レンズフードLH-X100を購入しました

自分がX100Fを購入してからアクセサリはフィルターとキャップのみで使い続けていたのですが、光が暴れたりフレアが生じやすいことが気になってきてしまい先日ついにFUJIFILM純正のレンズフードLH-X100を購入しました。

この記事では純正を選ぶに至った理由や装着の儀(?)をまとめてみました。

FUJIFILM純正レンズフードLH-X100を選んだ理由

今回自分がX100Fレンズフードを選ぶにあたって求める条件は2つ。

  • できるだけコンパクトである
  • ブラックミストNo.5(レンズフィルター)が装着できる

特に記事にしていなかったもののX100FにはブラックミストNo.5というソフトフィルターを装着していた筆者。

コンパクトであるという点だと筆頭はフジツボ型フードになるのですが、フィルターが使えないものが多く、(筆者の調べた範囲内で)唯一使えるペンタックスのMH-RE49というフジツボフードについては使えるフィルター径が30.5mmとブラックミストNo.5が対応していないフィルター径でした。

よって候補は円形フードか角型フードになるのですが、レンズ保護の観点でキャップを頻繁に着脱する自分には円形フードが向いているのではと思いFUJIFILM純正のLH-100を購入。 

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: エレクトロニクス
 

この純正フードはサードパーティからも同じような形状かつ価格も純正の半額以下で買えるものも発売されています。純正高い

それでも純正を選択した理由は装着したときの姿は純正が一番カッコいいと思ったから。これは気のせいかもしれないですが純正が一番コンパクトでスタイリッシュに見えたんですよね。後から買い直すのもアレだったので高かったけど思い切って純正を購入。GWに中止となったイベントの払戻金を突っ込んだ模様

X100Fに装着してみた

f:id:dendenmushes:20210430113102j:plain

LH-X100の箱にはレンズフード本体・フード装着用のリング・巾着の3つが同梱されています。右側の49mmレンズキャップは別売りで購入。このレンズフードを装着するとX100Fに同梱されているレンズキャップは装着できないので注意。気になる人は別売りのレンズキャップを購入しましょう。

またフード装着用のリングは別売りでも販売されていますが、LH-X100の箱に同梱されているので追加の購入は不要です。同梱リング1個でフィルターもフードも装着することができます。

f:id:dendenmushes:20210430113125j:plain

装着したお姿がこちら。イケメン度がマシマシになりましたね。

故にストラップも初期の同梱品じゃなくてもっとかっこいいものに付け替えなければという気持ちに駆られます。

f:id:dendenmushes:20210430113215j:plain

フードにはFUJIFILMのロゴもプリントされています。しかし自分のX100Fはネジの向きがおかしい個体だったのか装着してもロゴが真上に来ず泣く泣くロゴを下向きになるよう装着するのでありました。

f:id:dendenmushes:20210430113232j:plain

上からみるとこんな感じ。けっこう厚みがでてきました。しかしいつもでかいレンズつけたカメラばっかり持っているのでこれでも十分コンパクトに感じてます。

f:id:dendenmushes:20210430113151j:plain

前述の通りレンズフードをつけるとX100F付属品のレンズキャップは使用できないので別売りのレンズキャップを装着。これも純正で統一してみました。満足感高いので純正で揃えてよかったなと思ってます。

まとめ

まだフードをつけた状態での撮影はあまりできていませんが、想像していたよりもずっとコンパクトにおさまり、よりスタイリッシュになったのでX100Fへの愛着がさらに深まりました。

さあ、次はストラップを選ぶ番だ…

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

FUJIFILM X100シリーズ用レンズフード ブラック LH-X100 B

  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM レンズキャップ FLCP-49

FUJIFILM レンズキャップ FLCP-49

  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: エレクトロニクス
 

X100Fを片手にディズニーランドを撮り歩いてみた

新年が明けてから何気に1度も行っていなかったディズニーランド。そう気づいたら行きたくなってしまい追加販売分のチケットを入手し訪問してみました。

カメラ機材はX100FXF56mm F1.2 R APD を装着したX-T3の2台構成。ショーパレ気にせず気楽に歩き回りたいなと思いこのチョイスとなりました。パークではX100Fをずっと首から下げていたので写真の多くはこれで撮影したものです。

f:id:dendenmushes:20210412165622j:plain

f:id:dendenmushes:20210412171523j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165643j:plain

まず朝向かったのはバズライトイヤーのアストロブラスター。入園制限が始まってからこればっかり乗っている気がする。ハイスコアを更新しまくってます。上の写真は待機列で撮った写真。気楽な空気でパークを回ると普段気に留めていなかったものが気になるようになりますね。不思議な形をしている。

f:id:dendenmushes:20210412165509j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165603j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165530j:plain

昨年3つ新施設がオープンし大いに盛り上がりました。前回訪問時は「新エリア…新アトラクション…!!!」と半ば切迫した気持ちで挑んだ結果、抽選に惨敗しましたが今回は入園直後ヤケクソで抽選しまくったら4つの施設に当選という上々すぎる結果に。

お目当てだったマジカルミュージックワールドは落選となりましたが前回の悲惨さと比べると十分許容範囲どころか憑き物でも落ちたのかと思えるような結果です。

f:id:dendenmushes:20210412165825j:plain

門をくぐることさえ許されなかった美女と野獣のお城が目の前に…

f:id:dendenmushes:20210412165847j:plain

f:id:dendenmushes:20210412165910j:plain

そして美女と野獣のアトラクションに搭乗。内容は短いミュージカルを観てる感じ。撮影自由らしいので次回からカメラ構えて乗ってみようかしら。アトラクションの内容的にも写真撮りながら楽しんでねというメッセージを受信した(多分違う)

f:id:dendenmushes:20210412165807j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170350j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170259j:plain

朝はけっこう曇っていましたがお昼から快晴に。撮った写真見返してみるとけっこう光が暴れていたのでX100Fのアクセサリー見直そうと思ったのであった…

f:id:dendenmushes:20210412165726j:plain

前回の訪問に引き続きの当選となったミニーのスタイルスタジオ。

f:id:dendenmushes:20210412165929j:plain

そしてミニー様とご対面。前回は冬服でしたが今回は春服です。ミニーオーミニー我らが美しい女神。

f:id:dendenmushes:20210412171500j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170051j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170135j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170231j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170013j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170035j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170417j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170438j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170500j:plain

アトラクションの待機列にて。小道具の錆び具合にディズニーのこだわりを感じます。

f:id:dendenmushes:20210412170521j:plain

グリーティングの抽選に当選し写真を撮ることができたズートピアのニックさん。この日はズートピアグッズが発売された直後だったのでニックとジュディのグッズを身につけた方が沢山いました。ズートピアとても面白いので未視聴の方はぜひ。

f:id:dendenmushes:20210412170537j:plain

最近ランドに行くとついつい乗ってしまうのがこのオムニバス。見ての通りバスの乗り物なのですがなんとお城の前も突っ切っていきます。

f:id:dendenmushes:20210412170600j:plain

バスが通るとお城の前で写真を撮っている人がサーっと引いていきます。しかし皆さんバスに向かって手を振ってくれる優しい世界。パンツァーフォー!!!!

f:id:dendenmushes:20210412170621j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170642j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170659j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170720j:plain

そして日が暮れてきました。この日はなんだか光が柔らかい。

f:id:dendenmushes:20210412170113j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170158j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170741j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170803j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170824j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170953j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170844j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170936j:plain

f:id:dendenmushes:20210412170325j:plain

1日のシメに夜のパレード、ナイトフォール・グロウを鑑賞。パレードは見れたらいいな程度に思っていたのですが、いざ観やすい鑑賞場所が空いているとつい場所取りをして観てしまいます。こちらの写真はXF56mm APDで撮影。このレンズ、AF-Cは使えたものではないのでマニュアルで決め打ちしましょう。

初めてディズニーでX100Fをメインに撮り歩いてみましたが感想としてがディズニーと非常に相性がいいなという点。大きいオブジェがちょうどよく収まる23mm(35mm判換算35mm)の焦点距離もそうだし1日ずっと首から下げてても疲れない軽量さや、いいなと思った景色に素早く気軽にシャッターを押せる点もすごく良いです。いつもシャッターチャンスを逃すまいと大きいズームレンズを肩から下げてましたが、必要だったのはこっちだったのかもしれない。

そして非常に満足した自分は来月分のディズニーシーのチケット争奪戦参加を決意するのであった…

春の散歩写真をまとめてみた

暦の上では春真っ盛りな今日この頃。個人的には今年は寒い日が続いているなあという印象ですがいかがお過ごしでしょうか。

大掛かりなお出かけはあまり行けていませんがカメラを片手にお散歩して撮った写真たちが溜まってきたのでまとめてみます。

中央線・神田川沿いの河津桜

f:id:dendenmushes:20210412110423j:plain

これは先日記事にした湯島聖堂に向かう道中で撮影したもの。

これが今年初の桜写真となりました。河津桜、しっかりピンク。

大泉学園の桜

西武池袋線に乗り込み向かった先は大泉学園東映撮影所があることから街全体が撮影地、そして筆者が昨年からどっぷりはまっている東映特撮の聖地であります。

もはや聖地巡礼ブログと化しつつありますが懲りずに今回も写真まとめていきますよ。

f:id:dendenmushes:20210412110448j:plain

訪れた日はちょうど桜シーズンだったのですが、撮影所門横の桜がきれいに咲き誇っていました。

f:id:dendenmushes:20210412110556j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110042j:plain

撮影所の門を曲がってしばらく歩くと東映橋なる橋があります。

f:id:dendenmushes:20210412110512j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110532j:plain

東映橋横の川沿いにも立派な桜並木が!

f:id:dendenmushes:20210412110619j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110105j:plain

さらにしばらく歩いたところにあるこの橋、なんでこんなの撮ってるんだと思われても致し方ないのですが実はよくヒーローや怪人が飛び込んだりバトルしたりしてる特撮ファンおなじみの橋です。感動しまくって10枚くらい撮った。

f:id:dendenmushes:20210412110641j:plain

そして大泉学園といえば学園通りの桜。ものすごい量の桜が咲き乱れていました。観光地としての桜スポットも好きですが、生活の一部分を彩るものとして溶け込んでいる姿がやっぱり好きです。

近所にあった謎の神社の桜

ある日家の窓をのぞいたら大きな桜の木が見え、気になったので木の方向へ散歩してみたら名も知らぬ謎の神社にたどり着いたのである…

f:id:dendenmushes:20210412110129j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110150j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110217j:plain

手前の木はイチョウでしょうか。秋の姿も楽しみです。

横浜公園のチューリップ

よく写真を撮りに訪れている横浜・日本大通りの始点・終点?に位置するの横浜公園。敷地内には横浜スタジアムがあります。

ここ横浜公園は春になると沢山のチューリップが咲くとのことで訪れてみました。

f:id:dendenmushes:20210412110338j:plain

f:id:dendenmushes:20210412110238j:plain

想像以上のチューリップの量。圧巻…普段は何も咲いていない時に訪れることが多かったので驚愕しました。

f:id:dendenmushes:20210412110318j:plain

チューリップの他にも公園内は様々な花が咲いています。

f:id:dendenmushes:20210412110401j:plain

春はチューリップ、夏はヒマワリ、秋と冬は銀杏並木と様々な姿を見せてくれる横浜公園日本大通り。今年もイチョウ撮りに行けたらいいなあ。

湯島聖堂に行ってきました

昨年よりちょくちょく東映特撮の聖地巡礼をしている自分ですが、今回訪れたのは湯島聖堂御茶ノ水駅から徒歩5分程度の場所にある聖堂です。

隣接する水道橋や秋葉原からも歩いて行ける距離なので様々な用事のついでのお散歩にも最適です。

今回はX100FとXF56mm F1.2 R APD を装着したX-T3の2台構成で撮り歩いてみましたので写真をゆるくまとめていきます。

f:id:dendenmushes:20210316193938j:plain

湯島聖堂の入り口は複数ありますが自分が訪れたのは坂下にある仰高門と呼ばれる門。ここから入ると階段を登り聖堂を目指しながら進む形になります。

f:id:dendenmushes:20210316194024j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194455j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194116j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194645j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194718j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194612j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194540j:plain

坂下では様々な植物が鑑賞できます。この日は椿が見頃でした。あまり人が居なかったので階段下のエリアは結構見落とされがちなのかも。

f:id:dendenmushes:20210316194158j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194248j:plain

そして聖堂へ向かう階段を登ります。

f:id:dendenmushes:20210316194319j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194751j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194354j:plain

そして大成殿。テレビで見た所だ…そして想像していたより遥かに広い…

f:id:dendenmushes:20210316194418j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194822j:plain

f:id:dendenmushes:20210316194857j:plain

湯島天神といえば学問の神様で有名ですが、そのつながりか湯島聖堂にも合格祈願の絵馬が沢山かけられていました。受験…エモーショナルな響きだ…(?)

そんなこんなで今回のお散歩はこれにて終了。中央線沿いは改めて歩くと落ち着いてて良い雰囲気の道が沢山ありますね。これから開拓してみようかしら… 

横浜港周辺を撮り歩いてみた

季節は気づけば春目前、皆様いかがお過ごしでしょうか。

自分は年末から今までにかけてしばらく引きこもっておりましたがこの度超久々に写真を撮りに行ってきました。リハビリということで場所は歩き慣れた横浜港周辺。何を撮ってもテンションが上がる場所です。

この日の機材はXF56mm F1.2 R APDを装着したX-T3と、サブ機のX100Fの2台構成です。

馬車道

スタート地点は馬車道駅

馬車道といえば神奈川県立歴史博物館。石材を使用した美しい外観はどこを切り取っても絵になります。

f:id:dendenmushes:20210223163904j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164728j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164043j:plain

日本大通り

お次に訪れたのは毎度おなじみ日本大通り

今回は写真撮る感覚を取り戻すためにひたすらシャッターを切る回ということで、過去の写真と構図だだ被りだとかなんとかは気にしてはならない。なんなら1日の内でも構図被りまくりだけど気にしない…(言い訳)

f:id:dendenmushes:20210223174123j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164145j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164208j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164649j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164104j:plain

この日は浜風に加えて春一番が吹き荒れており風が大変なことになってました。この旗の荒ぶり具合、おわかりいただけただろうか…

山下通り

お次は山下通りへ。日本大通りと負けじ劣らずおしゃれな建物が軒を連ねます。さすがYOKOHAMA。

f:id:dendenmushes:20210223164300j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164322j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164349j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164240j:plain

新名所・動くガンダムの近くにも行きましたが「すげーー」って眺めてただけで写真撮るの忘れて帰ってきてしまいました。

大桟橋周辺

最後は大桟橋周辺の港エリアへ。

f:id:dendenmushes:20210223163940j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164613j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164501j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164627j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164416j:plain

上の写真は以前X100F&デジタルテレコンで全く同じ構図のものを撮ってました。今回はX-T3&XF56mm F1.2 APDで撮影。撮影日時も機材も異なればそれは新しい写真だよ(言わk

f:id:dendenmushes:20210223164526j:plain

f:id:dendenmushes:20210223164547j:plain

APDを使っていると被写体を見つけては背景ぼかして撮るみたいなのをついつい繰り返してしまいます。今回はとにかく楽しく写真を撮ろうという日だったのでこれでいいのだ…

久々のカメラを持っての外出でしたがやはり良いものですね。そして写欲は写欲を呼ぶ。早くいろんな場所へ気軽に行けるようになりますように…