まちどりのほほんロード

まちどりのほほんロード

FUJIFLMのミラーレス一眼カメラでカメラライフを楽しんでいるブログです

X100FとX-T3を持ってディズニーランドを撮り歩きました

クリスマスシーズンになると必ず行きたくなるディズニーシリーズ、前回投稿したシー編に引き続き、ランドも行ってきたので写真をまとめていきます。

持って行った機材はこんな感じです。X100Fを首に下げながら必要に応じてX-T3の56mmを使う運用です。

  • X100F
  • X-T3

         XF56mm f1.2 R APD

ランドは1泊2日の2日目に行ったのですが、疲れていたのかほとんど記憶が無い…学生時代みたいな遊び方を年取ってからやるもんじゃないですね。でも予定考えるの楽しくてついついやっちゃう。

大好きなパレード「ドリーミング・アップ!」。4月から新しいパレードに変わるとのことで、これが見納めかも…と思いながら撮ってたのですが、これ書いてる最中にまた観たくなってきたのでどこかで機会作ってまた観に行くことにします。

プーさんのハニーハントの待機列。舞台のイギリス田舎町の情緒を感じることができてとても好きな待機列の一つです。

クリスマスのパレードも復活。このパレードのミッキー達の私服っぽい衣装があったかくて好きなんです。

クリスマスツリーが登場するのも数年ぶりだとか。

ディズニーランドの夜はやっぱりエレクトリカルパレード。XF56mm f1.2 R APD で撮ってみました。明るいけどピントがむずい!そしてAFもむずい!でもこのレンズが好き。パレードを楽しみつつ、カメラ修行はまだまだ果てし無く続きます。

X100FとX-T3を持ってディズニーシーを撮り歩きました

クリスマスシーズンになると必ず行きたくなるディズニーシー。

今年は新しいショーがスタートしたり旅行支援があったりと、エンタメも混雑度も元の姿に戻りつつあるなと感じます。そんなパークを撮り歩いてきたので写真をまとめてみました。

持って行った機材はこんな感じです。X100Fを首に下げながら必要に応じてX-T3の56mmを使う運用。望遠レンズは水上ショーの撮影のみ使用しています。

  • X100F
  • X-T3

         XF56mm f1.2 R APD

         XF70-300mm f4-5.6 R LM WR OIS

パークの風景

今回は後述する新ショー「ビリーヴ!」の鑑賞券をゲットするべく、朝早くから入園待ちをしていました。そんな事情もあり入園ゲートをくぐった瞬間からもうすでに謎の達成感を感じてしまい、朝のボーナスタイムにも関わらずアトラクションに乗らずにしばらくブラブラ写真撮ってました。

 

朝のヴェネチアンサイドの風景をゆったり満喫。こんな日があってもいいですね。

クリスマスグリーティングも鑑賞しました。久々にミッキー広場から鑑賞したのですが、やっぱり正面っていいですね…ということで夜のショー「ビリーヴ!」は同じく正面のミッキー広場から鑑賞しようという決意を固めたのでありました。

夜景撮るのは苦手ですがクリスマスということで気合いを入れて。あまりにも夜景を撮ったことが無さすぎて、夜景でも曇天って曇天だと分かるものなんだなと初めて気づきました。

ディズニーシーで花火撮ったのは初めてかもしれません。撮ってて楽しかったので、これからも色んなロケーションで撮影チャレンジしてみたいです。

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜

11月にスタートしたばかりの新ショー「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜」も観てきました。

今回の鑑賞には「ディズニー・プレミアムアクセス」という有料鑑賞券システムを使用したのですが、おかげで正面のミッキー広場中央というとても良い場所でゆったりと座って鑑賞することができました。完売が早いので入園後に即ご購入されることをオススメします。

初鑑賞ということで写真は少しだけしか撮ってない上に粗いのですが初鑑賞記念に(?)載せていきます。

ミゲルとモアナはこのショーで東京初上陸だったかな?リメンバー・ミーはめちゃめちゃ号泣した映画だったので曲聞くだけでもう涙目になります。モアナはシーのテーマにマッチしていてピッタリですね。両方オススメな映画なのでまだの方はぜひご覧あれ。

ラスボスエルサはアナ雪2の装いで登場。個人的にアナ雪では「Show Yourself」が曲もシーンも一番好きなのですが、この曲が流れる中での劇中さながらの衣装チェンジと壮大な花火の演出はもうそれだけでも満足できるほど素晴らしいものでした。ありがとうディズニー…アナ雪2好きでよかった…

フィナーレはおなじみの仲間たちも登場。ミキミニももちろんいましたがうまく撮れず。衣装がゴージャスでかわいかったです。

上の写真だけiPhoneで撮影。俯瞰してみるとこんな感じ。映像技術も映画の題材も最新モリモリでとても良かったです。そしてまだの方はリメンバーミー、モアナ、アナ雪2をご覧になってからショーを鑑賞されることをオススメします。ショーの感動度が桁違いです!

どんどん進化していくディズニーのエンタメ、次は昼のレギュラーショーも待ってます。

X-T3で横浜港周辺を撮り歩いてみました

カメラを持ち始めてからほぼ毎年撮っている横浜港周辺の銀杏並木。今年もギリギリ滑り込みで撮りに行きましたので写真をまとめていきます。

カメラはFUJIFILMX-T3XF56mmf1.2 R APD、あとX100Fも持って行きましたがこちらは今回ほとんど使っていません…

銀杏並木へ向かう前に港の見える丘公園へ。

ご覧の通りの曇天でしたので港の見える丘公園っぽい写真はほぼ撮れておらず…また今度リベンジしようと思います。

最近リニューアルしたばかりの横浜マリンタワー。横浜港周辺はたびたび撮ってますがマリンタワーを撮るのは初めてな気が。

いよいよ山下公園通りの銀杏並木とご対面!

寂しい枝もちらほら見かけたのでほんとにギリギリでした…

仮にイチョウの葉が枯れきっていたとしても撮ってて楽しいであろう横浜港周辺の街並みたち。今回久しぶりに訪れてみたのですが新たな発見がいろいろとあったので近いうちにまた訪れてみようと思います。できれば晴天の日に!

【滋賀旅行記・後編】びわ湖バレイと石山寺へ

滋賀の名所を巡る滋賀旅行記、後編に突入です。

前編の記事はこちら。

琵琶湖バレイ

「琵琶湖が見たい」という当初の目的に立ち返り向かった場所はびわ湖バレイ。ロープウェイで山を登り、高い場所から琵琶湖を見渡すことができるというスポットです。

上から見渡して改めて感じる琵琶湖のでかさ。もはや海。

びわ湖バレイ自体はオシャレなリゾート施設となっています。11月以降は立ち入ることのできない場所があるのでご注意を。筆者が行った時にはもうすでに立ち入れない展望台があって泣く泣く諦めて下山することになりました。

石山寺

お次は石山寺紫式部源氏物語を書いた場所といわれており、境内には紫式部銅像があったり展示があったりとゆかりを感じることができます。

到着するやいなや重厚で立派な東大門が。重要文化財に指定されているとのこと。そしてこの東大門の前にはお団子屋さんがあるのですがそこの揚げみたらし団子がとても美味しかったので立ち寄った際にはぜひご賞味あれ。

中でも印象的だったのがこの八大龍王社。庭園の奥にあるのですが鳥居の存在感と周りに生い茂る木々とが合わさりひときわ荘厳な雰囲気でした。

京都駅

旅の終着地点は京都駅。ちなみに今回の旅は新幹線での旅で、往路は米原駅・帰路は京都駅を使うという旅程でした。東から南西に向かっていく感じですね。

帰りの新幹線の時間まで余裕があったので京都駅舎を散策してみました。

駅のエスカレーターをずっと登ると空中回廊へ行くことができるのですが、ここでは京都タワーを正面から見ることができます。

行くたびに圧倒される京都駅舎。昼間にガラスから透ける光を堪能する場所というイメージがありましたが夜に散策してライトアップを見るのもよいものでした。

そして新幹線に乗り込み関東へ帰宅。見所のありすぎた滋賀のお寺たち、でかすぎて半周もできなかった琵琶湖、そしてひこにゃん、また会いに行きたいです。

【滋賀旅行記・前編】彦根城と湖東三山へ

大阪や京都は何度か観光に行ったことがある中で、なかなか観光する機会のなかった関西・滋賀県。日本最大の湖である琵琶湖を一度はきちんと拝んでみたいという思いから、勢いのまま滋賀旅行を決行。撮った写真をまとめていきます。

持って行ったカメラ機材はこんな感じです。

        ・XF16-55mm f2.8 R LM WR

        ・XF10-24mm f4 R OIS

彦根城

まず向かったのは名城・彦根城天守が残っている貴重なお城であることから国宝にもなっています。

天守閣から見える景色。ここで初めて琵琶湖とご対面。でかすぎて湖というよりもはや海に見えます。

ひこにゃん可愛い…いくつかお土産も買ったのですがグッズもっと出してほしいですね。

彦根城に行ったら必ず寄っておきたいのが玄宮園彦根城の美しい天守閣を見上げることのできる、情緒あふれる庭園です。

西明寺

滋賀県には歴史あるお寺が点在していますが、その中でも琵琶湖の東側・鈴鹿山脈にある国宝・重要文化財に指定されている3つのお寺が総称して「湖東三山」と呼ばれているそうです。滋賀観光ということで、この湖東三山を巡ってまいりました。

まず一発目は西明寺鎌倉時代に建てられた国宝である三重の塔や名勝庭園など見所の多いお寺です。

見所の多い中でも特に印象的だったのが美しい苔たち。滑らかに生い茂った光景に圧倒されました。

金剛輪寺

お次に向かったのは金剛輪寺。1200年以上の歴史があると言われています。個人的に本堂への道のりが一番きつかったお寺です。体力が無い…

本堂までの参道には圧巻の千体地蔵が。体感的に1000体以上あるのではと思ったのですが、調べたところ2000体ほどあるそうです。

そして参道を登りきり本堂へ。300メートルある階段道を登りきった疲れで写真はほとんど撮れていません。肉眼レンズに記憶しております…

麓にある名勝庭園へ。時代の異なる3つの庭からなる庭園で、国の名勝にも指定されています。庭園内の建物に入ることはできませんが中を覗くことができます。額縁構図に挑戦。

百済寺

最後に訪れたのは百済寺。あの聖徳太子によって創建されたと言われている歴史のあるお寺です。

まずは庭園を散策。庭園を進むと見晴らしのよい場所があり、琵琶湖を通り越し比叡山まで拝むことができます。

そして参道を進み本堂へ。湖東三"山"と名がつくだけあって(?)こちらもかなりヘビーな山道でしたがなんとか到達。

この湖東三山の旅は己の足腰と向き合う旅となりました。なんじゃそりゃ。滋賀旅行記は後編へと続きます。