まちどりのほほんロード

まちどりのほほんロード

FUJIFLMのミラーレス一眼カメラでカメラライフを楽しんでいるブログです

エンタメ空間、アクアパーク品川に行ってきた

旅行に行くたびに現地の水族館を巡る割には、都内の主要な水族館に全然行ったことないと気づき、この度人生初のアクアパーク品川に行ってきました。

アクアパーク品川に到着

神奈川県在住の私ですが、実は品川駅には乗り換えや新幹線利用の際にしか降り立ったことがありませんでした。なので今回、改札の外にガッツリ出るのは初めてです。

目的地のアクアパーク品川品川プリンスホテル内にある施設。ホテルの中に水族館があるなんてなんというバブリー…!

品川駅から品プリの方面は建物が入り組んでおり、多少迷いましたが無事アクアパーク品川に到着!

この日は「SNOW AQUARIUM」というイベント中だったようで、入口には雪の結晶をモチーフにしたデコレーションが沢山飾ってありました。

驚異のキラキラ空間!ジュエリーフィッシュランブル

公式サイトによると、アクアパーク品川は「音・光・映像、生き物たちが融合する最先端エンタメ施設」とのこと。どうやら単なる水族館ではない…Σ(゚д゚lll)

早速その洗礼を入場後序盤に訪れることになる「ジュエリーフィッシュランブル」という、いわゆるクラゲコーナーで浴びました。

この幻想的なハイテンション空間!!こんなクラゲコーナー見たことないっ!

キラキラした被写体を撮るのは久々でしたが、ここぞとばかりに堪能しました。

フロアにある棒状のものはクラゲの水槽です。間近で見るとSF映画に出てきそうな不思議な模様が。

アシカショーを鑑賞

観覧ルート中盤に差し掛かると「アシカショーが始まります!」とのアナウンスが。せっかくなので屋外で行われているアシカショーを鑑賞しました。

アシカといえば口先にボールを乗せたりバランス芸が有名ですが、今回登場したプッチ君というアシカさんはものすごい芸達者でした。

ボール1つのみならず2つ(通称ゆきだるま)載せてバランスをとっています!

こんな細いステッキまで!感服です。

ショーの終わりに「もっと見たい人はまた明日も来てください!」とのアナウンスが。これは通っちゃいそうですね。

お楽しみのイルカショーを鑑賞

アクアパーク品川といえば、スタジアム型のステージで行われるイルカショーが有名。実はこれが見たくてアクアパーク品川に来たといっても過言ではないのですが、ついにその時間がやってきました。

ショーが始まる15分前あたりから場所取りを開始したのですが、後方座席はすでに満席。前方から4列目あたりまではずぶ濡れになるらしく、比較的空いていた立ち見エリアで鑑賞することにしました。

ステージの建物がとても立派なので、広角で撮りたくなります。撮ってみました。

広角の写真だとずいぶん遠くから見てるような感じになっていますが、実際は立ち見席からでも結構近さを感じる距離で観覧できます。円形のスタジアムのためどこからでも楽しめます。

イルカのジャンプはもちろん、トレーナーのお姉さんのアクションも圧巻で、アクアパーク品川を訪れたら絶対に見ておくべきショーだと思いました。

アクアパーク品川は圧倒的エンタメ空間だった

アクアパーク品川はホテルの中の施設とは思えないくらいのボリューム。水族館というより遊園地やテーマパークに近い感覚で楽しめる空間でした。

しかも、年間パスポートは年に3回入場すれば元がとれる親切価格。イルカショーはリピーターで席がすぐに埋まってしまっていた説、あると思います。

東急プラザ銀座「キリコテラス」へ行ってみた

こんにちは!

東京の忙しない雰囲気が楽しめる展望台に行きたいと思い立ち、東急プラザ銀座の「キリコテラス」が何やら良さげだったので行ってみました。

京浜東北線有楽町駅に到着!

東急プラザ銀座の最寄駅は数個ありますが私が利用したのはJR京浜東北線の有楽町駅。近場に駅がたくさんあるので、アクセスする手段が沢山あります。便利べんり…!

駅のホームから見えた景色ですが、さすが銀座エリアというか、洗練されたスタイリッシュな町並みに感動。いざ改札から出てみると人が多くて東京の洗礼を受けましたが(神奈川在住並の感想)

そんな東京の洗礼を受けながら歩くこと5分ほどで東急プラザ銀座に到着!不思議な形をしています。

屋上階キリコテラスへ

田舎者なので東急プラザ銀座を目の前にしてどこから入れば良いのか分からず、建物の周りをグルグルしてましたがメインフロアに入れそうなエスカレーターを発見し、そのまま3Fにたどり着く事に成功。エレベーターに乗り込み最上階を目指しました。

そしてお目当てのキリコテラスへ到着!

キリコテラスは屋根のない開放的なテラス&展望スポットです。悪天候の場合は閉鎖されてしまうらしいのでご注意を。この日は晴れた日の午後15時ころ。人は少なくゆったりと撮影を楽しめました。

窓際には椅子やテーブルが設置されているのでゆっくりと景色を楽しむことができます。

キリコテラスから見える景色の目玉といえばこれ!数寄屋橋交差点です。

撮影したのは午後15時ころで影が伸びてしまっています。周りがビルで囲まれているので、撮影目的でしたら夜景がハズレがなくておすすめかもしれません。

ぐっとズームしてみました。このあたりを走る車は個性的なものが多く、信号が変わる度に思わずシャッターを切ってしまいます。

数寄屋橋交差点の他にも様々な景色を楽しむことができます。新幹線も見れますよ!

都会ならではのバラエティー豊かな景色が楽しめるスポット

撮影を終え、東急プラザ銀座から出たらニコンの看板を発見。

巨大な交差点から新幹線まで、無料なのにバラエティー豊かな景色が楽しめるスポットでした。今回は全て標準ズームで撮影しましたが、望遠を持って行っても楽しいのでは?と思いました。撮った写真を見直してみるとズームしている写真が多く、上からのアングルで寄って撮ると不思議な仕上がりになって中々楽しかったです。

フォトブックを作るススメ&PhotoRevo(フォトレボ)を紹介してみる

先日、2018年に撮影した個人的ベスト写真をまとめたフォトブックを製作してみました。さらにちょうど今、年末年始休みを利用して行った山陰旅行のフォトブックを制作している最中です。

そして気づいたら私史上最も短期間で沢山のフォトブックを作っているなと気づき、せっかくなのでフォトブックに関しての個人的なまとめの記事を書いてみることにしました。

フォトブックを作るススメ

時は大SNS時代、写真を投稿、共有、保管できるサービスがさまざまあり、便利で楽しいですよね。だからこそ!フォトブックを制作することをオススメしたいです。

個人的にはフォトブックを製作することが1つの節目として、自分の写真を振り返る機会になっています。また、旅行で撮った写真をまとめて記念として残し、後から思い出に浸る、なんてこともしています。

そして、フォトブックを制作するサービスは沢山ありますが、私が最も利用している(というかこれしか使ったことがない)サービスがPhotoRevo(フォトレボ)です。

www.photorevo.net

私がPhotoRevoを選ぶ理由

この記事を書いている時点で制作したフォトブックをズラッと並べててみました。計7冊、サイズも材質も様々。全てPhotoRevoを利用して製作したものです。

実は、各フォトブックを製作する度に、色んなフォトブック製作サービスを検討し、比較した結果PhotoRevoにたどり着いています。

旅行の記念やポートフォリオなど、内容によって作りたいフォトブックのイメージって様々だと思います。そんな中、私がやりたいこと求めていることに手が届くのがPhotoRevoでした。

手頃な価格、そして印刷が綺麗

せっかくフォトブックを作るなら、きれいに印刷してほしい!だけど予算は限られている…

でもPhotoRevoならそんなワガママにきっと応えてくれるはずです!

私はPhotoRevoしか利用したことがないので出来上がったフォトブックの比較はできませんが、どのフォトブック製作サービスを利用するかの判断材料にしていたのが、どのような印刷機を使用しているか、という点。

一般的な印刷機が4色インクでの印刷なのに対し、PhotoRevoの印刷機は7色インク。なんだかとっても強そう。4色以上のインクを使っているサービスは多数あったのですが、その中でも比較的価格がお手頃だった点が決め手となりました。

実際に完成したフォトブックを見ても、素人目ですが満足できる綺麗な印刷でした!

あとは、青色が結構輝度彩度高めに印刷されている印象を受けます。これは私のPCモニターがおかしいのかどうなのかわかりませんが。

本のサイズの種類が豊富!

フォトブックの表紙の材質は、大まかに2種類から選べます。ずっしりとした高級感のあるハードカバー、そして雑誌風の仕上がりで価格もお手頃なソフトカバー

それぞれA5の縦横とA4の縦が選べます。ハードカバーは正方形も選択可能です。

ハードカバーには収納するソフトケースがもれなく付いてきます。そしてソフトカバーもプラス100円でケースを付けることが可能。紙の隅の劣化を防げます。

自由度が高い編集が可能

PhotoRevoは専用のソフトウェアをダウンロードしてフォトブックの編集を行います。

PhotoRevoの編集ソフトは写真の配置、文字のフォントや配置を自由に編集することができます。配置は細かい単位で修正できるのでこだわることも可能ですし、文字のフォントも豊富です。

また一度使ったレイアウトは保存して別のページに流用することも可能です。この機能のおかげでサクサクフォトブック製作ができます。

そして、編集を行いながら2ページ刻みで本文を付け足しできる点もポイント高し。予算が許す限り、載せたい写真を載せることができます!

総じて、内容の細かな調整が可能な点がとても気に入っている部分です。

PhotoRevoの気になる点

サイトがHTTPSに対応していない

…(・∀・;)

紹介ページはともかく、ログインページや送付先情報入力ページまでも保護されていないのはいかがなものなのか、と思ってしまいます…

まあ、この記事を書いているはてなブログの記事編集ページも対応していないんですけどね!

紙の材質が選べない

ハードカバーとソフトカバー、プレミアム商品など、フォトブックの大まかな仕様のバリエーションは豊富ですが、ハードカバーの表紙の紙はマット仕様固定本文はツルっとした材質の紙固定で、もしかしたらイメージと異なるものが出来上がる人もいるかもしれません。

詳しくは公式サイトをご確認していただければ、と思うのですが、紙の材質も含めて自分の作りたいフォトブックのイメージに沿っているか、利用する前に一度確認する必要があるかなと思います。

フォトブックを作ってみよう

きれいに印刷されてきちんと製本された自分の写真集を眺めるのは至福のひとときです。上手くなったと錯覚するのでモチベーションもアゲアゲになります。

今回はざっとフォトレボについて語ってみましたが、リーズナブルなお値段で本格的なフォトブックを作成できるので、ぜひお試しに一冊作ってみてはいかがでしょうか。

それでは!

【山陰旅行記3日目】山王寺の棚田に松江城に由志園のライトアップ!観光スポットを撮り歩き

2泊3日の山陰旅行記、いよいよ最終日の3日目に突入です!

1日目と2日目の記事はこちら。

山王寺の棚田へ向かう! 

島根の絶景スポットを事前に色々と調べていた中で気になっていた景色の1つが「山王寺の棚田」。

日本の棚田百選にも選ばれており、早朝には雲海も鑑賞できるとか。訪問時間は残念ならが早朝ではなかったのですが、朝一の行き先に選んで向かってみました。

高い木が生い茂る山道を抜けると、そこには一面に棚田が広がる絶景が広がっていました。展望台を発見したのでそこに車を停めて、写真を撮ってみました。

雪が少し積もっていました。観光サイトを確認したところ、2月になると真っ白になるみたいですね。

展望台に積もっていた雪で雪だるまを作ってみました。私は神奈川県在住のため、雪を見るのは今シーズン初なので静かにはしゃぎました笑

ホテル玉泉のデイユースで温泉を満喫

次に向かったのは玉造温泉。島根の温泉街の1つで、美肌効果がある温泉とのこと!

中でも「ホテル玉泉」さんではデイユースプランがあり、温泉&食事が日帰りで楽しめるプランがありましたので利用させていただきました。

食事は個室でいただくことができ、また食事の部屋とは別途に控え室まで用意してくださるおもてなしのスゴさに感動。温泉は泳げそうなくらい広くて大満足です。もちろん露天風呂も満喫できました!

温泉を満喫したあとはお食事をいただきました。この写真はほんの一部で、このあともぞくぞくとお料理が運ばれてきてどれも美味しくいただきました。特にお鍋と炊き込みごはんが絶品。また食べたい!

食事のあとも、時間いっぱいまで温泉を楽しむことができます。日帰りプランとはいえ、ものすごい充実ぶりに大満足でした。おすすめです!

そびえ立つ松江城へ!

玉造温泉街から車を走らすこと20分ほどで松江市内に戻ってきました。いよいよ松江城に突撃です。

訪れた日は土曜日だったのですが、松江市は土日におもてなし駐車場という無料駐車場がいたるところにあるので車での観光がしやすいなと思いました。

松江城天守は国宝に指定されており、てっぺんにはしゃちほこも飾られています。

最上階では松江市街を一望できます。宍道湖も見えて眺めがとても良い!!

天守の外も見ごたえ抜群で、シャッターを押す手が止まりません。この武家屋敷風の家が並ぶ道は塩見縄手という道だそうです。江戸時代のような風景が広がっています。

そして松江城からのんびりと宍道湖に向かっていると日没の時間が近づいてきました。

宍道湖の夕日はとても有名で、お地蔵さんや嫁ヶ島もアクセントとなって非常に美しい景色が広がるそうです。

夕日チャレンジ3日目!結果はいかに…

だめだったーーー\(^o^)/

見事に厚い雲で覆われています。山陰の冬は厳しい…!!でもパステルカラーに染まった空がとても綺麗だったことは印象に残っています。ダメ元ではありましたが訪れて良かったです。

由志園のライトアップに行ってきた

さて、山陰旅行最後の観光スポットになりました、「由志園」です。すでに日は沈み辺りが暗くなっていますが、この由志園はライトアップイベントが開催されている日本庭園らしく、気になったので向かってみました。

入園するやいなやものすごい光りっぷりに思わず腰抜かしました。こんなに光る日本庭園初めてだ…!!

由志園は1年中牡丹の花が咲く庭園で、いたるところに牡丹が飾られていました。特にこの傘を被った牡丹の花がかわいかったです。

園内を進むと、これまでの光りっぷりをさらに凌駕するイルミネーションスポットがありました。このイルミネーション鳥居(?)のエリアは曲に合わせて光っていました。昼間はどんな景色が広がっているのか気になります。

イルミネーション鳥居エリアの中にはきれいな牡丹が!ここぞとばかりに牡丹&玉ボケの写真をたくさん撮りました。楽しかったです。

園内は広く、他にも日本庭園ならではのイルミネーションがたくさん展示されていました。大ボリュームです。帰りの飛行機との時間の兼ね合い上1時間しか観光時間を確保していなかったのですが全然時間が足りませんでした。写真撮影を楽しみたいなら余裕を持って2時間くらい見積もったほうがいいかもしれません…!

3日間の旅程が終了!!

由志園から帰路で使う空港である米子鬼太郎空港までは車で20分くらいで着きました。そして羽田空港まで戻り、無事に旅行が終了!

旅行に行くたびに毎度思うのですが、1回訪問しただけじゃその県をまわりきれず、今回の鳥取&島根もまさにそんな感じでした。広い県内のほんの1部分しか観光できていないので、今度は萩の方まで行ってみたいですね。

また、山陰といえば夕日!!!!と意気込んでいましたが、今回の旅では3日間全て雲に覆われ惨敗してしまいました。夕日の撮影を目的とするならば、冬以外の季節に行きたいところです。

でも、雲があるからこそ撮れた空の写真もたくさんあるので、冬ならではの山陰を満喫できました!浜辺も独占できたし!!!

 ここまで旅行記を読んでいただき、ありがとうございました。

【山陰旅行記2日目】出雲の観光スポットを巡ってみた

年末年始に訪問した2泊3日の山陰旅行記2日目、出雲編です!

1日目の鳥取編はこちら。

 

朝の宍道湖沿いをドライブ

泊まった宿は松江駅の近くですが、2日目の目的地は出雲市!島根に来たならば出雲大社はぜひ訪問しておきたいところです。

松江市から出雲市までの移動の際は宍道湖の周りの道をドライブしました。

そして朝の宍道湖の空気が素敵すぎて、思わず車を駐車場に停めて空気を吸いに出てしまいました。

ランナーがたくさんいました。この空気の中で走ったらすごい気持ちよさそうです。そしてしじみ漁師さんも沢山いました。

出雲大社をお参り!

引き続き出雲市に向けてドライブしていると、島根のゆるキャラしまねっこ」仕様の電車を発見。

鮮やかなピンクでとっても目立っています!

そして出雲大社に到着しました!

境内のいたるところにうさぎが飾られていました。かわいい。

そして出雲大社といえば巨大な縄楽殿という場所で拝むことができました!

ここぞとばかりに様々な角度から鑑賞。迫力がすごかったです。どうやって作られているのか気になります。

そしてお参りの後は神門通りを散策しました。おいしそうなグルメがたくさんありました。

出雲といえば出雲そば!!三段の割子そばを注文していただきました。段ごとに具材が異なっており、楽しく食べられました!

旧大社駅で大正ロマンを満喫!

出雲大社から車で5分ほどの場所に、「旧大社駅」という建物があります。今では使われていない駅なのですが、駅校舎内を見学することができます。

校舎内はじっくり見てまわっていたのであまり写真は無いのですが、大正ロマンあふれる造りのまま現存されており、見ごたえ抜群です。

そしてなんと駅のホームに降りることもできます。

線路に降りることもでき、SLも間近で鑑賞できます!なかなかない機会なので大興奮でした。出雲大社に訪れる機会があればぜひオススメしたいスポットです。

稲佐の浜に降りてみた

出雲大社周辺で訪れてみたかったスポット、次なる場所は稲佐の浜。浜辺にそびえ立つ弁天島が有名で、夏には海水浴場になっているそうです。

おだやかな雰囲気と荒波のギャップが印象的な浜辺でした。晴れていたのでマフラーをつけずに浜へ飛び出していったのですが、想像以上に風が冷たくて即効でギブアップしてしまいました…防寒は大事です(;´Д`)

日御碕神社を訪問!

稲佐の浜から北上し、独特な地形の海岸沿いをドライブして日御碕神社に向かいました。この日御碕神社、ドライブ中に坂の上から見えた姿がとても印象に残っています。とつぜん見えた姿だったので撮影はできませんでしたが、機会があればもう一度拝みたいですね。

朱色に塗られた社殿がとても綺麗です。観光協会のホームページには「竜宮城のような佇まい」と紹介されていますが、まさにその通りで非常に神秘的な雰囲気があふれる神社でした。

日御碕灯台へ向かう!

日御碕神社からさらに北上し、日御碕灯台へ向かいました。ここは高さ日本一を誇る灯台だそうです。残念ながら灯台内の拝観時間は終了していたので、灯台のまわりをじっくり鑑賞しました。

灯台の周りの岩場はこれまた独特な形をしています。幾何学的な小さな岩がたくさんくっついているような岩場でした。柵などは特になく、断崖絶壁ギリギリまで行けるのですが怖すぎてこのあたりまでで限界です(;´Д`)

そして夕焼けをチャレンジ、1日目に続き、またしても失敗…!!ちょうど日が沈む近くの雲の層が厚い感じでした。

2日目終了!!

出雲市の気になるスポットを一通り満喫できたので、大満足な2日目となりました!

そしてふらっと立ち寄ったローソンで山陰仕様なからあげクンを発見。

しまねっこトリピーがデザインされています。思わず買ってしまいました笑

旅行記は最終日、3日目に続きます。

【山陰旅行記1日目】鳥取砂丘&浦富海岸を満喫してきた!

こんにちは!

年末年始の連休を利用し、2泊3日で鳥取&島根を旅してきましたので、旅行記を書いていこうと思います。山陰地方に訪れるのは初めてです。

羽田空港から鳥取砂丘コナン空港へ!

旅先に向かう移動手段は飛行機を選択しました。私は神奈川県在住なので、出発地は羽田空港です。

出発前の腹ごしらえにANA FESTAでカレーを注文。モーニングセットでお値段が少しお得でした!カレーはちょい辛め。窓ガラス越しに飛行機が見える店内の雰囲気がなかなか良かったです。また利用したい!

そしていざ、飛行機に乗り込み!窓から景色を見るのが楽しくて、あっという間に時間が経ちました。

そして鳥取砂丘が見えてきて、テンションは最高潮に!!!でっかい!!

無事、鳥取砂丘コナン空港に到着。到着するやいなや空港内のBGMがお馴染みのコナンのテーマでびっくりしました笑 一体この空港で何が起こるのだ…??!!

すなば珈琲を訪問!

鳥取といえば鳥取砂丘!の他にも、ぜひ訪れたい場所の1つだった「すなば珈琲」。

「スタバは無いけどすなばはある」という名言が元になって生まれたというこのお店。訪問した日はちょうどポケモンの「サンド」とコラボしており、「さんど珈琲」という名称になっていました。

公式サイトもさんど珈琲仕様になっている模様。コラボはこの記事を書いている1月14日までなので今日まで限定かな?

ランチメニューの煮込みプレートを注文してみました。エビフライのインパクトがすごいです。おいしくいただきました。

浦富海岸沿いをドライブ

鳥取に来たらぜひ訪れたかった場所2つ目は浦富海岸日本海の荒波よって独特な形になった岩をぜひ拝みたいと思っていました。

浦富海水浴場に到着!私が訪問したときは人がおらずビーチを独占。真冬の日本海、想像以上の荒波で、波の形も都度バラバラなので見ていて飽きません。

海沿いには荒砂神社という神社もありあました。真冬のためか、入れる場所が限られていましたが秘密基地的な雰囲気がたまらんです。

こちらは浦富海水浴場ではなくドライブ中に発見した展望台で撮影。海沿いにはところどころに展望台兼駐車場がありました。岩が見たことない形をしていて異世界に来たような気分です。

鳥取砂丘を満喫!!!

さて、いよいよ鳥取砂丘に向かいます!

そして着くやいなや豪雨に見舞われました…(;´Д`)

もともと天気は曇り気味でちょいちょい小雨が降っていたのですが、豪雨でお迎えされるとは…!!でもしばらく車の中で待機していたら晴れてくれました。良かった良かった…!!

鳥取砂丘はあたり一面砂なので、靴の中がじゃりじゃりにならないように、と対策として防水性のあるブーツに履き替えて挑みました。その効果はいかほど!?

そしていざ突撃。

敷地内に入るやいなやあたり一面が砂砂砂!!!初めて見る光景にテンションが上がります。

ビーチの砂よりも砂の底(?)が深くて慣れないながらも歩いていると巨大な水たまりを発見!ここはオアシスと呼ばれているらしく、秋から春にかけて見れるそうです。

オアシスに近づいて撮影してみました。風が強くて綺麗なリフレクションは撮れませんでしたが、結構お気に入りな一枚です。

そしてオアシスの右側に写っている丘、これは馬の背と呼ばれており、高さはなんと50mにも及ぶとか。ほぼシンデレラ城と同じ高さ。さすがにこの急斜面の部分は登れないなあと思ったので坂道が比較的ゆるやかなルートを選択して馬の背の向こうを目指して歩きました。

すると日本海が見えるではありませんか!日本海砂丘のコラボレーションがたまりません。

そしてお気づきだとは思いますが太陽の光条を入れた写真を連発していますね…実はこの旅に向けてFUJIFILM超広角ズームレンズ「XF10-24mm F4 R OIS」を購入していました。絞った時の光条に感動して気づいたら何枚も増産していました(;´Д`)

そして鳥取砂丘で拝みたかった景色の1つに夕焼けがあります。

実は日没時間に合わせて鳥取砂丘に訪れていたのですが、その結果は…

雲が厚くて敗北!!!!!冬の山陰は曇りが多いと事前に聞いていたのでダメ元であはりましたが…!!

でも日が暮れる前の紫色になった空が綺麗だったので良しとします←

駐車場に戻り、車に入る前に靴についた砂をチェックしてみると…普通に靴の中に砂が入っているではありませんか(;´Д`)

厚めの靴下を履いていたのであまり気づきませんでしたが、靴云々の前に歩き方に問題があったのではないかな~と考察しております。歩く際に振り上げた砂が靴の中まで入ってきちゃってますねきっと…

でも砂まみれになった靴の外側を水でサッと洗えるので、防水性のあるブーツを履くのはなかなかおすすめです。

鳥取観光を終え、いざ島根県へ向かう!

さて、他にも訪れたい場所は沢山あったのですが、短い2泊3日の短い旅程なので泣く泣く鳥取を後にして次なる目的地の島根県松江市に向かいます。

道中で海鮮料理屋さんを発見したので夕飯がてらに入店してみました。

絶品の海鮮料理をいただきました!もさえびが絶大なインパクトを見せてきます。他にも名産品であるイカのお刺身やカニ汁を注文。ここぞとばかりに鳥取グルメを沢山いただきました。

そして松江へ向かう道中ですが、道の明かりが少なく突然の豪雨が降る中の運転だったため史上最高に高難易度なことになっていました…生きて帰れて良かった…無事目的地の宿に到着しました。

1日目終了!

山陰地方に訪れるのは初めてだったので、気候などの情報は事前にかなり調べた上で挑み、天気予報も出発1週間前から毎日見ていました。

私の住んでいる神奈川県と比べるとかなり気温が低いのにびびり、結構過剰に装備を固めて着込んでいった結果、なんとか1日目の寒さは乗り切れました。

特に効果が大きいなと思ったのがニット帽。普段はニット帽をかぶらないのですが、かぶってみると暖かさが段違いでした。耳の方まで深くかぶるともう無敵です。

旅行記は2日目に続きます。

今年撮った「クリスマスっぽい写真」をまとめてみた

こんにちは。今日はクリスマスイブですね!

カメラのデータを見返してみると、クリスマス感がある写真がそこそこあったので、記録も兼ねてまとめてみました。

東京ディズニーシー「ディズニー・クリスマス」

f:id:dendenmushes:20181224132031j:plain

さっそく!ですが!東京ディズニーシースペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」です。CMでもおなじみですが、毎年この時期になるとパークがクリスマスムードに包まれ、一層かがやきを増します。

f:id:dendenmushes:20181224132057j:plain

f:id:dendenmushes:20181224132122j:plain

ディズニーリゾートといえば、建物ひとつひとつにストーリーがあり、それに沿った細かい演出も楽しみのひとつ。クリスマスの飾りも場所によって様々。上の2つとも軽食の待機列中に撮影したものですが、この飾りをじっくり観察していたらあっという間に待ち時間が終了していました。

スペシャルショー「イッツ・クリスマスタイム!」

イベントの目玉、期間限定スペシャルショーの「イッツ・クリスマスタイム!」ですが、こちらは抽選制になっており、メインの鑑賞エリアは抽選に当選しないと入場ができません…

意を決して抽選をしてみたらなんと当選。ビックバンドビート10連敗中の私もこれにはびっくり。なんとも言えない感覚にソワソワしながらも鑑賞エリアに入場しショーを鑑賞。

f:id:dendenmushes:20181224133436j:plain

f:id:dendenmushes:20181224133932j:plain

当選したエリアは「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前」、俗に言うザンビ前です。実はこちらのエリアで鑑賞するのは初めてなのですが、背景にタワーオブテラーのホテルハイタワーが大きく映るので、ショーの雰囲気に合っていていい感じです!(背景を活かした写真は撮れませんでしたが…)

f:id:dendenmushes:20181224133535j:plain

このショーはなんとシンガーさんが生歌でクリスマスソングを歌ってくれる豪華仕様!キャラクターの衣装も豪華です。

f:id:dendenmushes:20181224132834j:plain

f:id:dendenmushes:20181224132905j:plain
ショーも終盤に差し掛かると、グーフィー&マックス親子の心温まるストーリーが展開。どうやら鑑賞エリアによってキャラクターが違うようです。感動的な生歌と圧巻のダンスパフォーマンスでフィナーレへ!号泣しながらシャッターボタンを押していました笑

この「イッツ・クリスマスタイム!」はどうやら来年の再演が決定しているようです。来年も当選できたらいいな…

東京駅丸の内

東京駅丸の内といえば、個人的にはXF10-24mmF4をレンタルしてイチョウ並木を撮り歩いたことが記憶に新しいです。

そのイチョウ並木が夜になると!ライトアップされているそうなので!行ってみました。

f:id:dendenmushes:20181224140334j:plain

キラキラです。どうやらイチョウ並木のライトアップは紅葉シーズンから2月の中旬まで行われている様子。

f:id:dendenmushes:20181224141341j:plain

丸の内仲通りも一斉にライトアップされています。XF18-55mmの望遠端で頑張って圧縮してみました。夜景を見ると、明るい望遠が欲しくなります…

f:id:dendenmushes:20181224141613j:plain

ブランドショップが立ち並ぶ丸の内仲通りはお店の外観も内装も豪華な造りです。カラフルなクリスマスツリーを発見。

f:id:dendenmushes:20181224141822j:plain

f:id:dendenmushes:20181224141851j:plain

こちらは商業施設KITTE内にある巨大クリスマスツリーです。このツリーの色はカラフルに変わっていきますが、シンプルな白色が個人的には一番お気に入り。沢山のカメラマンで賑わっていました。

メリークリスマス2018年!

クリスマスが終わるともう一瞬で年明けです。はやいはやい!

そしてこのブログは確か去年の年末に立ち上げたので、もうすぐ1周年ということになります。はやいはやい!

投稿記事数はそんなに多くはないですが、来年も撮影記録を中心にマッタリと記事を残せていけたらな~と思っています。

メリークリスマス!よいお年を!