まちどりのほほんロード

まちどりのほほんロード

FUJIFLMのミラーレス一眼カメラでカメラライフを楽しんでいるブログです

まつだ桜まつりで河津桜を撮り歩いてきた!

3月に入り、ようやく気温が暖かくなってまいりました。そして、この時期になると撮りたくなる被写体が桜。

早咲きの桜である河津桜の開花がもう始まっているとのことで、神奈川県の松田町で開催されている「まつだ桜まつり」に行ってまいりました。

2019年度の開催は既に終了していますが、20年以上住む地元・神奈川にこんな素敵な場所があったとは!と再発見できた一日だったのでまとめてみました。今回の散歩は突発的で全てのスポットを見切れていないので来年以降はちゃんと計画を練ってまた行きたいなと思います。

新松田駅に到着!

会場となる西平畑公園の最寄駅は小田急線「新松田駅」かJR御殿場線松田駅」のどちらか。来場の際、都内にお住まいの方は新宿から1本で行けることから新松田駅をご利用される方が多いのではないでしょうか。

お祭り会場までは徒歩だと約20分ほどで行くことができます。駅からシャトルバスも出ています。

今回私は徒歩ルートを選択しました。が、会場までの道は坂道なので、歩きやすい靴・服装で行くことを強くおすすめします…!!

の、登ってきたでぇ…

西平畑公園に到着!

坂道を乗り越え、桜まつり会場に到着!そして西平畑公園は段差が多く、駅から徒歩で向かう場合は階段や坂道を登って展望台を目指すことになるので、前述しましたが歩きやすい靴、服装は必須です。

私が行った日は既に散り始めで、桜の木に緑が付き始めていました。河津桜の早咲きっぷりを完全に舐めておりました…!

ですが菜の花は綺麗に咲いていて、むしろこれからな雰囲気。河津桜だけではなく、菜の花も一緒に楽しむことができました。

夕暮れと河津桜を満喫

さて、公園に到着した時間が遅く、展望台山頂に着く頃には既にハーブガーデンや内藤園といった園内施設は閉館時間を迎えていました…

ですが、夕景が狙えるのでは!?と気を取り直して園内を散策。

公園の山頂(?)では松田駅を含む風景が一望できます。徒歩でここまで登ってきたと思うと感慨深い…(インドア派並の感想)

河津桜を本格的に鑑賞するのは初めてなのですが、思った以上にピンク!

桜の写真って撮影後にピンク色を足すような現像が定番だと思うのですが、色を足さなくても十分なくらいピンクでびっくりしました。

日、時間帯によってはミニロマンスカーなるミニ列車が運行しているみたいです。撮影可能なエリアから標準ズームの望遠端でぱしゃり。

公園敷地内は非常に広く、散歩してたらけっこうすぐに日が傾いてきました。

そして何やらカメラマンが沢山集まっている桜の木を発見。私も同様にカメラを構えてみたところ、そこには素晴らしい光景が!!

富士山&河津桜のコラボレーション!!

想像以上に富士山を大きく拝むことができてびっくりしました。今回拝むことができたのは夕景なのでややシルエットなお姿ですが、昼間に鑑賞するのもすごい良さそう。

てか、お祭りのポスターにも富士山&河津桜の写真が載っていました。でも本当にこのコラボが拝めるとは思わなくて大興奮でした。

日没を迎えるとライトアップも行われ、夜景&河津桜も楽しむことができます。

が、花粉症の症状が限界を迎え、ここでギブアップ…勿体無さすぎる(;´Д`)

花粉症の皆様、春先の撮影は花粉対策をお忘れなく…